パールアクセサリーを作るなら淡水パールがおすすめ

最終更新: 4月30日

今年春夏に欠かせないアイテムとしてパールネックレスでてきました!

今回は現在進行中のパールアクセサリー制作案件に関しての情報を発信したいと思います。

パールアクセサリー作りたいけどどこに依頼していいかわからない。 パールを使ったら量産価格がぜんぜん合わない...などお悩みの方へ有益な情報です。

目次:


1. パールアクセサリーに使われるパールは淡水パールがおすすめ  
2. 淡水パールにもグレードがある 
3. 淡水パールのブラックがほしい→あります!
4. 丸玉だけではなく変わった形のものがほしい。→あります!

今回の記事は1、2、についての情報発信になります。


1. パールアクセサリーに使われるパールは淡水パールがおすすめ


日本で言うパールは『あこやパール」が有名ですが、そんな高価なものを使っていたらカジュアルアクセサリーには高価すぎて価格が合わないのが現状です。そこで原産地は中国やベトナムが多いのですが俗に言う「淡水パール」を使うのがおすすめです。英語では「Cultured Pearl」と呼んでいます。(「Fresh Water Pearl」とも言われています…)


提案させていただく側からすると単価の安いですし量産向きなため比較的品質も統一しやすいというメリットがあります。淡水パールも色々な品質もあるためニーズにあった価格帯のパールを提案しやすいんです。



2. 淡水パールにもグレードがある


以前投稿した『失敗しない2021春夏注目のメンズパールはこのブランド』

で紹介させていただいた商品のパールは比較的カジュアルに使えるパールが多いです。商品にしたときに売りやすい価格帯(お客様からは買いやすい)の資材を選ばなくてはいけないけれど、パールを使いたい!といったときにはパールのグレードに注目する必要があります。(淡水)パールはグレードによって価格が数倍違ってきます。このグレードの提案は小売店ではではできません。提案力のある専門の商社を通して仕入れる必要が出てきます。




次回の投稿には3、淡水パールのブラックがほしい。4、丸玉だけではなく変わった形のものがほしい。→あります!について情報発信していきます。


パールアクセサリーを作るなら淡水パールがおすすめ #2

プロフィール:


このサイト「REUNION」は、東京にて営業活動をするアクセサリー専門商社が運営するサイトです。アクセサリー業界で12年1000件以上のセレクトショップ向け商材やブランド商材を提供してき経験をもとに“日本国内の上質なアクセサリーを再発見するメディア”を目指しています。「質の高い物なものはその道のプロに聞く」のポリシーのもと、東京で働くファッション業界のプロフェッショナルに教えていただいた“アクセサリーに関するとっておきの情報”を提供していきます。 *お気に入りの登録をしていただければ、新しい情報が発信されるたびにメールにてご連絡がいきますのでぜひご登録ください。


46回の閲覧0件のコメント